直行、直帰、直行直帰(出張)用スケジュールパターンの作成方法

外出先で出退勤打刻できない場合は、みなし勤務パターンを割り当てることで、予定通りに打刻したものとみなして労働管理できます。

 

みなし勤務パターンには3種類あります。

  • 直行(みなし出勤)
  • 直帰(みなし退勤)
  • 直行直帰(みなし出退勤)

 

これらのパターンの作成方法を解説します。

 

補足

スマートフォンアプリ」や「Myレコーダー」などを利用して外出先で打刻できる場合は、出退勤打刻を行い、実際の打刻データを元に労働管理することをおすすめします。

 

目次

 

みなし勤務パターンの作成方法

※全権管理者、または「パターン設定」権限が「◯ 閲覧・編集」の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > スケジュール >パターン設定を開きます。

 

2. [+新規登録]をクリックし、以下のように設定して[登録]をクリックします。

2022-06-20_15h34_04.png

番号 項目名 説明
1 パターンコード 任意のコードを半角英数字3~10文字で入力します。
2 パターン名 任意の名称(「直行」「直帰」「直行直帰」など)を20文字以内で入力します。
3 スケジュール種別 用途に合わせて、以下のいずれかを選択します。
※パターン登録後、「スケジュール種別」は変更できません。「スケジュール種別」を誤って登録した場合は、パターンを作り直してください。


直行(みなし出勤)

出勤打刻せず、出勤予定時刻から退勤打刻までの労働時間を算出します。

直帰(みなし退勤)
退勤打刻せず、出勤打刻から退勤予定時刻までの労働時間を算出します。

直行直帰(みなし出退勤)
出勤打刻も退勤打刻もせず、出勤予定時刻から退勤予定時刻までを労働時間とみなします。出張先で出退勤打刻できない場合などに利用できます。
4 出勤予定 勤務開始したとみなす時刻を入力します。
5 退勤予定 勤務終了したとみなす時刻を入力します。
6 休憩設定1~3 休憩を取得したとみなす時刻を、必要に応じて入力します。

 

みなし勤務と打刻時刻の記録の併用について

「直行(みなし出勤)」の日に出勤打刻、「直帰(みなし退勤)」の日に退勤打刻、「直行直帰(みなし出退勤)」の日に出退勤打刻をするとエラー勤務扱いとなります。打刻があってもエラー勤務としないように設定したい場合、設定方法はこちらをご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

みなし勤務パターンを利用した日の集計結果

それぞれ、以下のように労働時間が計上されます。

 

補足

未来の日付に割り当てられた直行直帰パターンは、当日がおとずれた時点で労働時間が計上されます(詳細はこちら

 

直行(みなし出勤)の場合

出勤打刻なしで、出勤予定通りに労働計上されます。

chokki.png

 

直帰(みなし退勤)の場合

退勤打刻なしで、退勤予定通りに労働計上されます。

choccoh.png

 

直行直帰(みなし出退勤)の場合

出勤打刻なし、退勤打刻なしで、出退勤予定通りに労働計上されます。

chocochoki.png

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
14人中12人がこの記事が役に立ったと言っています