「従業員別自動スケジュール」の設定方法

「従業員別自動スケジュール」は、従業員ごとに異なる自動スケジュールを設定する場合に利用します。勤務日種別やパターン、休暇区分などを自動的に割り当てることができます。

※所属と雇用区分の組み合わせごとに自動スケジュールを設定したい場合は「自動スケジュール設定」をご利用ください。

 

ご注意

本機能を利用するには、サポートセンターへ「従業員別自動スケジュール機能」の追加をご依頼ください。
※2023年6月14日以降に発行されたアカウントには、アカウント発行時から追加されています。

 

目次

 

設定方法

1. 設定 > 従業員 > 従業員設定 > 対象者の[その他(≡)]にて、「従業員別自動スケジュール」をクリックします。

 

2. 1ヶ月を最大6週間に分け、各週の各曜日の自動スケジュールを設定できます。「勤務日種別」や「パターン」「休暇区分」を選択して登録してください。

061401.png

※ご利用状況によって、上記画像と表示項目が異なる場合があります。

 

操作ボタンについて

項目名 説明
削除 その週に設定された自動スケジュールを削除します。
各週へ上書き まずは1週目だけを入力してから[各週へ上書き]をクリックすると、2週目以降に同一のスケジュールがコピーされます。週によってスケジュールが変わらない場合に利用します。

 

項目について

項目名 説明
勤務日種別 「平日」「法定休日」「法定外休日」のいずれかを選択します。
パターン パターン設定で作成したパターンを選択します。
休暇区分 ※休暇取得方法「休暇区分使用」の場合に表示されます。
休暇区分を選択します。
時間帯区分 時間帯区分設定機能を利用している場合に表示されます。
時間帯区分を選択します。

 

週と曜日の考え方

週と曜日の考え方は下図の通りです。
※祝日登録された日は、その週の「祝日」の箇所を参照します。
image-2.png
image-3.png

 

画面上部に戻る

 

設定の削除方法

2通りの方法があります。

 

1. 登録内容を全て削除する

対象の従業員の従業員別自動スケジュール設定画面で[削除]をクリックします。設定した従業員別自動スケジュールを1週間分、一括削除できます。その後[各週へ上書き]をクリックすれば全てのスケジュールを削除できます。

2023-01-13_.png

※個別に「勤務日種別」「パターン」「休暇区分」を変更する場合は設定方法をご参照ください。

 

2. 一部の設定だけを削除する

削除したいスケジュールを未設定の状態(--)にしたうえで、 [登録]をクリックします。

2023-01-17.png

 

画面上部に戻る

 

設定のインポート / エクスポート

CSVインポートによって設定を取り込んだり現在の設定をエクスポートしたりできます。詳しくは以下のリンクをご参照ください。

  • 設定のインポート(入力)はこちら
  • 設定のエクスポート(出力)はこちら

 

画面上部に戻る

 

スケジュールの反映タイミング

「自動スケジュール設定」および「従業員別自動スケジュール設定」の反映タイミングは以下となります。

 

1. 自動割り当て

設定 > 従業員 > 雇用区分設定 > 各雇用区分の[編集] > スケジュールカテゴリ > 自動スケジュールの適用日数

2022-03-23_11h28_42.png

 

上記項目に1~62日の間の数字を入力した場合、翌日から設定日数後までの自動スケジュール(パターンや勤務日種別など)が、翌日未明に自動で割り当てられます。

 

2. 打刻時

スケジュールが登録されていない日に打刻したときは、打刻したタイミング打刻日に対して自動スケジュールが割り当てられます。

 

補足

・「自動スケジュールの適用日数」を設定していない場合は、打刻時の割り当てだけが適用されます

・すでに手動でスケジュールが登録されている日には上書きされません。

・自動スケジュール設定の内容の変更や新たに従業員別自動スケジュールを設定した場合、自動スケジュールで登録したスケジュールを上書き可能です。詳細はこちらをご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

【ご注意1】自動スケジュール設定と併用する場合

「自動スケジュール設定」と「従業員別自動スケジュール」が同時に設定されている場合は、「従業員別自動スケジュール」が優先されます。

 

ただし「従業員別自動スケジュール」で未設定の項目(「--」となっている項目)には、「自動スケジュール設定」が反映されます。

 

自動スケジュール設定

  • パターン:A
  • 勤務日種別:平日

 

従業員別自動スケジュール

  • パターン:未設定
  • 勤務日種別:法定外休日

 

→ 該当日には、パターン「A」、勤務日種別「法定外休日」が適用されます。

 

上記のような場合にパターンを未設定にしたいときは、雇用区分を別途作成して対象従業員を異動させたうえで、「自動スケジュール設定」で対応するなどの対策が必要です。

 

画面上部に戻る

 

【ご注意2】隔週出勤は設定できません

本機能では隔週の出勤スケジュールを登録することはできません。

 

前述の通り、本機能では1ヶ月を最大6週間に分け、各週の各曜日の自動スケジュールを定めますが、月によっては1ヶ月が5週間や6週間になるためです。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
14人中11人がこの記事が役に立ったと言っています