【エクスポート】タイムカード[PDF]の一括出力方法

PDF形式のタイムカードを一括出力する手順を解説します。

 

ご注意

本機能は英語 / タイ語 / 中国語(繫体字) / ベトナム語環境では利用できません。

 

目次

 

出力方法

出力方法を解説します。

※全権管理者、または「データ出力」権限が「◯閲覧・編集」の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 管理画面ホーム > よく使うメニュー > エクスポート / インポート を開きます。

 

2. データ出力(エクスポート)カテゴリ >[タイムカード[PDF]]を開きます。

 

3. 以下の項目を選択します。

2022-09-02_15h49_47.png

番号 項目名 説明
1 出力対象年月 出力対象の月度を選択します。締め日を考慮した期間が選択されます。

[日付指定]ボタンをクリックすると、出力対象期間を日付で指定できます(3ヶ月以内の期間を選択可能)。
2 出力オプション 「従業員の勤務先で出力」にチェックを入れると、出力対象所属で勤務した日のデータだけが出力されます(ヘルプ出勤者含む)。
※出力対象所属で勤務していない日のデータは出力されません。このため、出力期間内に出力対象所属で一度も勤務していない従業員のデータは出力されません。
3 出力データフォーマット 以下いずれかのフォーマットを選択します。
  • PDF(横):横長のフォーマットです。
  • PDF(縦):縦長のフォーマットです。
4 出力レイアウト 出力用レイアウトを選択します。
※出力データフォーマットで「PDF(縦)」を選択している場合は選択できません。
※任意の出力レイアウトを作成できます。作成方法はこちらをご参照ください。
5 所属 出力対象の所属を選択します。
6 雇用区分 出力対象の雇用区分を選択します。

 

4. 画面最下部の[データ出力]をクリックします。

 

5. 確認画面が表示されますので、内容を確認します。

2022-11-10_13h34_29.png

 

番号 項目名 説明
1 出力対象従業員数 出力対象の従業員数が表示されます。[従業員選択]ボタンをクリックすると、一部の従業員だけを選択して出力できます。
2 対象内のエラー勤務数 対象期間内のエラー勤務数が表示されます。エラー勤務が存在する場合は正確な集計ができていませんので、対象期間のエラーを解消してから、あらためてデータ出力してください(エラー勤務の確認方法はこちら)。
3 対象内の未確定申請数 対象期間内の未確定申請数が表示されます。未確定申請が存在する場合は正確な集計ができていませんので、対象期間の申請を処理してから、あらためてデータ出力してください(申請承認方法はこちら)。
4 出力範囲 出力対象が100人以上の場合は、データが100人分ずつに分かれて出力されます。この項目で出力範囲を選択してください。

 

6. [データ出力]をクリックすると、対象従業員のタイム―カードデータが1ファイルでエクスポートされます。

※出力対象が100人以上の場合は、データが100人分ずつに分れて出力されます。確認画面の「出力範囲」で範囲を選び直して、順番にデータ出力してください。

 

画面上部に戻る

 

補足

  • 1日に複数回打刻する場合などは、タイムカードの行数が縦方向に追加されるためPDF1ページに収まらないことがあります。これを1ページに収めることはできません。
  • 勤怠締め」済みか否かによって、データを分けて出力することはできません。「勤怠締め」済みの従業員だけを出力する場合は、上記手順5のように、[従業員選択]ボタンから対象従業員だけを選択して出力してください。

 

画面上部に戻る

 

ご注意:データが途中で途切れてしまう場合

データ出力時に途中でデータが途切れてしまう場合、備考欄などに非推奨文字が使用されている可能性があります。非推奨文字を削除したうえで再度出力をお試しください。非推奨文字の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
7人中4人がこの記事が役に立ったと言っています