休職 / 復職する場合の設定方法

休職者を管理する際は、「休職」という名称で休暇を作成し、休職日に割り当てます。これによって休職日数が集計されるようになります。復職するときは、休職前に使用していた通常勤務パターンを以前と同様に割り当てるだけで特別な設定は不要です。

 

はじめにご確認ください
休暇取得方法は、新方式:「休暇区分使用」と、旧方式:「パターン使用」の2種類があります。どちらの方法が適用されているかによって設定方法が変わりますので、こちらの記事を参考に貴社のご利用状況をご確認ください。

 

目次

 

休職するとき(「休暇区分使用」の場合)

休暇取得方法が「休暇区分使用」の環境で休職を設定する場合の設定方法です。休職用の休暇区分を作成し、休職日に割り当てます。

 

休暇区分設定

休職用の休暇区分を作成します。

 

補足
「産前産後休業」「育児休業」「介護休業」「労災休業」などについては、アカウント発行時にご用意しております。これら以外の種類の休職を管理したい場合に、休暇区分を新規作成してください。
※アカウント発行時期によっては、アカウント発行時に上記休暇区分が用意されていない場合があります。

 

1. 設定 > スケジュール > 休暇区分設定 を開き、[+新規登録]をクリックします。

 

2. 以下の項目を入力し、[登録]をクリックします。

kyukakubun.png

番号 項目名 説明
1 名称 任意の名称を入力します(「休職」など)。
2 半休 「使用しない」を選択します。
3 休暇取得による休暇数の計算方法 「加算」を選択します。
4 休暇区分のみのスケジュール申請 「休暇区分のみ入力で申請可能」を選択します。

 

画面上部に戻る

 

スケジュール登録

作成した休暇区分を、休職者の休職日に割り当てます。

 

1. 管理画面ホーム > よく使うメニュー > スケジュール管理 を開き、休職者の[編集]をクリックします。

 

2. 「(1)コピー元スケジュール」の「詳細項目設定」を展開します。「休暇区分」欄で、

  • 種別:休職
  • 取得単位:全日休暇

を選択します。

schedulecopy.png

 

3. 休職日の[コピー]にチェックを入れます。

※休日にチェックすると、休日も含めた日数が休職日数としてカウントされます。休職中の休日を休職期間に含めるか否かは、貴社の就業規則をご確認ください。

schedulecopy__1_.png

 

4. [登録]をクリックします。

 

ポイント
休暇区分「休職」を割り当てた日になると、休職日数がカウントされます。

 

スケジュールの一括インポート方法
インポートによってスケジュールを一括登録することも可能です。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

休職するとき(「パターン使用」の場合)

休暇取得方法が「パターン使用」の環境で休職を設定する場合の設定方法です。休職用の休暇区分と全日休暇パターンを作成し、休職日に割り当てます。

 

休暇区分設定

休職用の休暇区分を作成します。

 

1. 設定 > スケジュール > 休暇区分設定 を開き、[+新規登録]をクリックします。

 

2. 以下の項目を入力し、[登録]をクリックします。

2022-06-21_10h56_48.png

番号 項目名 説明
1 名称 任意の名称を入力します(「休職」など)。
2 半休 「使用しない」を選択します。
3 休暇取得による休暇数の計算方法 「加算」を選択します。

 

画面上部に戻る

 

パターン作成

休職用の全日休暇パターンを作成します。

 

1. 設定 > スケジュール > パターン設定 を開き、[+新規登録]をクリックします。

 

2. 以下の項目を入力し、[登録]をクリックします。

2022-06-21_11h19_27.png

番号 項目名 説明
1 パターン名 任意の名称を入力します(「休職」など)。
2 スケジュール種別 「全日休暇」を選択します。
3 休暇単位 「全日」を選択します。
4 休暇区分 作成した休暇区分名を選択します(「休職」など)。

 

画面上部に戻る

 

スケジュール登録

作成した全日休暇パターンを、休職者の休職日に割り当てます。

 

1. 管理画面ホーム > よく使うメニュー > スケジュール管理 を開き、休職者の[編集]をクリックします。

 

2.「コピー元スケジュール」で作成した全日休暇パターンを選択します。

mceclip0.png

 

3. 休職対象日の[コピー]にチェックを入れます。

※休日にチェックすると、休日も含めた日数が休職日数としてカウントされます。休職中の休日を休職期間に含めるか否かは、貴社の就業規則をご確認ください。

mceclip0__1_.png

 

4. [登録]をクリックします。

 

ポイント
全日休暇パターン「休職」を割り当てた日になると、休職日数がカウントされます。

 

スケジュールの一括インポート方法
インポートによってスケジュールを一括登録することも可能です。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

復職するとき

復帰日以降の日付に対して、休職前に使用していた通常勤務パターンを以前と同様に割り当てます。

 

曜日によって勤務日が決まっている場合

こちらを参考に、「自動スケジュール設定」を設定してください。

 

シフト制など、勤務日が決まっていない場合

こちらを参考に、手動で割り当ててください。

 

画面上部に戻る

 

【補足】休職期間も勤怠を締めることをおすすめします

勤怠を締めることで、それ以上従業員や一般管理者による申請や編集ができないようロックすることができます。また、勤怠を締めた期間は、勤怠データ再計算ができなくなります。これによって、給与計算結果と勤務データの乖離を防ぐことができます。

 

このため、休職期間もそれ以外の期間と同様に、勤怠の締めを実施することをおすすめします。

 

画面上部に戻る

 

関連記事

産休や育休などについて、休職期間も出勤したものとみなして、有休付与日数を算出するための設定方法はこちらの記事をご参照ください。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
4人中2人がこの記事が役に立ったと言っています