エラー勤務があるときに通知する方法(エラー勤務通知)

前日の勤怠にエラーが発生している場合に、対象従業員や指定した管理者にメール通知できます。事前設定の方法を解説します。

ご注意

「メールアドレス検証機能」でメールアドレスが未検証の場合や、有効期限が切れた場合には通知メールが届かなくなりますので、ご注意ください。
「メールアドレス検証機能」について詳細はこちらをご参照ください。

 

対象エラー勤務

以下のエラー勤務に対して通知できます。

  • 打刻エラー勤務
  • 打刻なし/スケジュールあり 
  • 打刻あり/スケジュールなし 
  • 連続勤務 

※設定 > その他 > オプション > エラー勤務設定カテゴリ での設定によって追加できる項目です。

 

補足

「連続勤務」の場合、既定の日数に達した後、連続勤務が続いているときは毎日通知されます。

 

設定方法

1. 設定 > その他 > 通知設定 > [エラー勤務メール通知]タブをクリックします。設定画面が開きます。

_______2.png

 

2. 通知タイミングを選択します。

 

「打刻エラー勤務」「打刻なし/スケジュールあり」「打刻あり/スケジュールなし」は、通知タイミングを最大3つ設定できます。また、エラーが解消されるまで再通知できます。再通知は最大30日間まで設定でき、通知対象は設定した日数+1日前の勤怠です。

_______.png

 

「連続勤務」は、オプションで設定した日数を超えて連続勤務している場合、毎日1回通知できます。

____.png

 

ご注意

・「09:00」「09:30」はサーバー負荷軽減のため、新規選択できません。
・メール通知機能は日本時間にのみ対応しております。日本時間以外のタイムゾーンには未対応となっておりますのでご了承ください。

 

3. [対象選択]ボタンをクリックします。

 

4. [新規登録]ボタンをクリックし、通知メールを送りたい対象を選択して登録します。

従業員に通知したいときは、「対象所属」「雇用区分」を選択して「従業員へのメール通知」を「通知する」としてください。

※設定 > 従業員 > 従業員設定にて登録されているメールアドレスが通知先となります。

 

管理者に通知したいときは、「管理者へのメール通知」項目の[選択]ボタンより、通知先の管理者を選択してください。

※設定 > 管理者 > 管理者設定にて登録されているメールアドレスが通知先となります。

 

5. 複数の条件を選択できます。条件同士の優先度を設定するときは、「優先度」欄にて優先度の上下を設定して[優先度を保存]ボタンをクリックしてください。

 

優先度は、上から順にチェックして従業員の所属・雇用区分が合致したものが適用されます。そのため優先度の並び順は、詳細に設定している「通知対象設定」(例 所属を絞っている、雇用区分を絞っている 等)を上に移動させる必要があります。

 

優先度の並び順は、左側にある「 ^ 」「 v 」で移動できます。「 ^ 」「 v 」をクリックし移動させ、[優先度を保存]で確定させます。

 

6. スマートフォンアプリ(従業員用)に通知する場合は、「KING OF TIME アプリへの通知」にチェックを入れます。

_____.png

※管理者用アプリには通知されません。ご注意ください。

 

ご注意

アプリの通知のみを行うことはできません。
アプリの通知を設定したい場合、手順4の「従業員へのメール通知」を「通知する」に設定する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
11人中6人がこの記事が役に立ったと言っています