年5日有休取得義務を達成していないときに通知する方法(年5日有休取得義務機能通知)

「年5日有休取得義務」の取得日数を満たしていない従業員が存在する場合に、対象従業員や任意の管理者にメール通知できます。設定方法を解説します。

 

働き方改革「年5日有休取得義務」の詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

 

ご注意

「メールアドレス検証機能」でメールアドレスが未検証の場合や、有効期限が切れた場合には通知メールが届かなくなりますので、ご注意ください。

「メールアドレス検証機能」について詳細はこちらをご参照ください。

 

利用条件

本機能を利用するには、設定 > その他 > オプション > 「スケジュール設定」カテゴリ > 「有給休暇付与機能」が「使用する」となっている必要があります。

 

設定方法

1. 設定 > その他 > 通知設定 > 「年5日有休取得義務通知」タブをクリック > 以下の項目を設定します。

091613.png

 

項目 説明
通知タイミング設定 チェックをオンにし、通知時刻を設定します。
※「09:00」「09:30」はサーバー負荷軽減のため選択できません。
※日本時間にのみ対応しております。日本時間以外のタイムゾーンには未対応です。
通知1~3 通知するタイミングを設定します。3回まで通知できます。

 

2. 通知対象を設定します。[対象選択]をクリックします。 

091614.png

 

3. [新規登録]をクリック > 以下の項目を設定して[登録]をクリックします。

091615.png

項目 説明
対象所属 通知を行なう対象の所属を選択します。複数の所属を選択可能です。
雇用区分 通知を行なう対象の雇用区分を選択します。複数の雇用区分を選択可能です。
従業員へのメール通知 従業員へ通知するかどうかを選択します。
管理者へのメール通知 通知を行なう管理者を選択します。複数の管理者を選択可能です。

 

補足

未来日にスケジュール登録されている取得予定日数は含まない、通知当日時点の取得日数で通知対象かをチェックします。

 

通知対象設定の「優先度」

通知対象を複数個設定した場合、優先度の設定が可能です。優先度を設定すると「部署ごとに異なる管理者に通知する」ことや、「一部の従業員にだけ通知を行なわない」などを実現できるようになります。

1. [∧][v]を選択し、優先度を変更します。
2. [優先度を保存]ボタンをクリックすると、変更内容が保存されます。
091612.png

※優先度は、上から順にチェックして従業員の所属・雇用区分が合致したものが適用されます。そのため優先度の並び順は、詳細に設定している「通知対象設定」(例 所属を絞っている、雇用区分を絞っている 等)を上に移動させる必要があります。

 

この記事は役に立ちましたか?
9人中8人がこの記事が役に立ったと言っています