【有給休暇付与機能】従業員ごとの設定方法(従業員別有休付与設定機能)

有給休暇付与機能」を従業員ごとに設定したい場合の設定手順を解説します。

  • 任意の付与日、付与日数で手動付与したい場合は、こちらに記載の方法でご対応ください。
  • アラートの確認方法や、付与を適用する手順についてはこちらの記事をご参照ください。

 

ご注意

  • 本機能を利用するには、サポートセンターへ「従業員別有休付与設定機能」の追加をご依頼ください。
  • 従業員ごとに有休の初回付与日、分割付与日の日付を指定したい場合は、サポートセンターへ「初回付与日、分割付与日の日付指定を使用する」の追加をあわせてご依頼ください。詳細はこちらの記事をご参照ください。
  • 設定例一覧をこちらの記事にまとめております。

 

目次

 

前提

以下2点が前提となります。

 

1. 「有給休暇付与機能」がオンになっていること

オプションにて、有給休暇付与機能がオンになっていることを確認します。

※全権管理者、または「オプション」権限が「◯ 閲覧・編集」の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > その他 > オプション を開きます。

 

2. スケジュール設定カテゴリ > 有給休暇付与機能が「使用する」となっていることを確認します。

 

2. 各従業員に「入社日」が登録されていること

従業員設定にて、各従業員に入社日が入力されていることを確認します。入社日が入力されていない場合は付与対象者になりません。

※全権管理者、または「従業員設定」権限が「◯ 閲覧・編集」の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > 従業員 > 従業員設定 を開き、対象者の[編集]をクリックします。

 

2. 雇用情報カテゴリ内、「入社日」が入力されていることを確認します。

 

一括登録する場合

従業員データをCSVインポートすることで、「入社日」を一括登録できます。従業員データインポート用のレイアウトを作成する際に「入社日」項目を含めてください。操作の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

画面上部に戻る

 

設定方法

各従業員の有休付与関連設定を設定します。

※全権管理者、または「従業員設定」権限が「◯ 閲覧・編集」の一般管理者だけが可能な操作です。

 

1. 設定 > 従業員 > 従業員設定 を開き、対象者の[編集]をクリックします。

 

2. 雇用情報カテゴリの[詳細]を展開し、有休付与 > [有休付与関連設定]をクリックします。

___________.png

 

3. 対象従業員の「有休付与関連設定」画面が表示されます。この画面では、各項目ごとに「雇用区分の設定に従う」という選択肢があり、初期状態ではこちらが選択されています。

____________.png

 

雇用区分設定の内容から変更したい項目については、「雇用区分の設定に従う」以外を選択したうえで、設定を入力してください。

2023-04-27_13h42_02.png

 

ポイント

各項目の設定方法は、雇用区分設定内の「有休付与関連設定」と同一です。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

4. 設定後、[登録]をクリックします。従業員登録画面に戻りますので、再度、[登録]をクリックします。

 

画面上部に戻る

 

補足:「週所定労働日数」のインポート

従業員の「週所定労働日数」に関しては、CSVインポートによる設定が可能です。従業員データインポート用のレイアウトを作成する際に「週の契約労働日数」項目を含めてください。操作の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

「有給休暇付与機能」と「従業員別有休付与関連設定」が「使用する」となっている環境で「週の契約労働日数」をインポートすると、対象従業員の有休付与関連設定 > 「1. 週所定労働日数を設定してください(必須)」にて、「雇用区分の設定に従う」の選択が外れ、従業員個別の週所定労働日数が適用されます。

2023-04-27_13h42_02.png

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
19人中7人がこの記事が役に立ったと言っています