【休暇取得方法「パターン使用」のお客様へ】「休暇区分使用」への切り替えを推奨します!

※本記事は、休暇取得方法「パターン使用」をご利用いただいているお客様へのご案内です(確認方法はこちら)。

 

休暇取得方法には、新旧2つの方式があります。

  • 旧方式:パターン使用
  • 新方式:休暇区分使用

 

新方式の「休暇区分使用」では、初期設定は簡単に、申請はシンプルに、また様々な新機能が利用可能になっております。本記事では切り替えのメリットや仕様詳細、切り替え手順を解説しますので、ご一読のうえ、ぜひ切り替えをご検討ください。

 

切り替え手順は本記事の最後に解説しております。

 

目次

 

休暇取得方法「休暇区分使用」とは

従来の休暇取得方法「パターン使用」の場合、休暇を取得するためには休暇パターンの作成が必要です。

 

しかし、新方式「休暇区分使用」であれば休暇パターンの作成は不要です。休暇区分を作成するだけで、休暇の取得が可能になります。

 

画面上部に戻る

 

休暇取得方法「休暇区分使用」に切り替えるメリット

画面上部に戻る

 

休暇取得方法「休暇区分使用」の仕様詳細

休暇取得方法「パターン使用」から「休暇区分使用」に変更した場合、以下のような仕様に変わります。

 

【仕様1】休暇取得用のパターンが作成不要

休暇取得用のパターン作成が不要になるため、休暇取得時の登録(申請)時に本来の勤務パターンを残すことができます。

 

休暇を取得する際、勤務データ編集(スケジュール申請)画面の「休暇区分」項目の「種別」と「取得単位」を選択するだけで、登録(申請)できるようになります。

image_30.png

 

タイムカード画面では、本来の勤務パターンと休暇の両方を確認できます。

image_34.png

 

【仕様2】本来の勤務時間を参照して、休暇みなし勤務時間が計上可能

休暇取得日に設定している「出勤予定時間」~「退勤予定時間」を参照して、休暇みなし勤務時間を計上できます。

 

例えば、夜間勤務者が休暇を取得し休暇みなし勤務時間を計上する場合、「パターン使用」では「所定時間」としてしか計上できませんでしたが、これを「深夜所定」として計上できるようになります。

image_31.png

 

出退勤予定時間を参照させたくない場合、休暇取得日に登録する勤務パターン内に、時間帯で休暇みなし勤務時間を設定することも可能です。

image_6.png

 

カスタムデータ項目を作成することで、各時間帯の休暇みなし時間集計を確認できます。

  • 休暇みなし勤務時間(所定時間)
  • 休暇みなし勤務時間(所定外時間)
  • 休暇みなし勤務時間(残業時間)
  • 休暇みなし勤務時間(深夜残業時間)
  • 休暇みなし勤務時間(深夜時間)
  • 休暇みなし勤務時間(深夜所定外時間)

 

補足

休暇みなし勤務時間の算出において「日の契約労働時間」は参照されません。

 

【仕様3】欠勤控除分の時間を集計可能

欠勤やその他の休暇を取得した際に、給与から勤務していない時間分を控除したい場合、休暇取得方法「パターン使用」では控除分の時間を集計できませんでした。そのため、給与計算時にお客様側での集計が必要でした。

 

「休暇区分使用」では、「休暇みなし勤務時間」を勤務時間に加算せず、独自の項目として集計することもできます。この集計項目は、エクスポートメニューやカスタムデータ項目設定でレイアウトに追加できます。

image_270.png

 

上記の設定により、控除分の時間も自動で集計できます。

image_271.png

 

【仕様4】別の休暇で半休ずつ取得する場合、各組み合わせのパターンを作成不要

例えば、午前は「有休」、午後は「代休」でそれぞれ半休を取得する場合、休暇取得方法「パターン使用」では専用の組み合わせのパターン作成が必要でした(参考)。そのため、各休暇ごとの組み合わせでパターン作成をしなければいけなかったので、手間がかかっていました。

 

「休暇区分使用」ではパターン作成が不要のため、別の休暇で半休ずつ取得する場合でも手間がかかりません。

image_32.png

 

【仕様5】新しい機能を利用可能

休暇取得方法「休暇区分使用」だけで利用可能な新機能があります(振休申請機能年単位の変形労働積立休暇産後パパ育休育児休業など)。

 

今後も休暇管理に関する新機能が実装される際には「休暇区分使用」だけの対応となりますので、「休暇区分使用」のご利用をおすすめします。

 

画面上部に戻る

 

休暇取得方法「休暇区分使用」への切り替え方法

休暇取得方法「休暇区分使用」に切り替えたい場合は、サポートセンターに「休暇取得方法を休暇区分使用に変更希望」とご連絡ください。

※切り替え後に休暇取得方法「パターン使用」に戻すことはできません。

 

ご注意

切り替えに伴い休暇申請方法が変わるため、切り替え前に従業員に十分にご周知ください。休暇申請方法についてはこちらの記事の『休暇取得方法「休暇区分使用」の場合』をご参照ください。

 

休暇取得方法「休暇区分使用」に切り替えた後、管理画面で以下の3つの作業を行ってください。

 

【作業1】自動スケジュール設定の「休暇区分」項目の設定

設定 > スケジュール > 自動スケジュール設定 > 設定項目に、新たに「休暇区分」項目が増えています。

image_35.png

 

自動スケジュール設定で休暇パターンを登録していた場合、登録されている休暇パターンを外し、「休暇区分」項目に登録したい休暇をご設定ください。

※自動スケジュール設定を利用していない場合は不要です。

従業員別自動スケジュール設定をご利用の場合、そちらも併せてご設定ください。

 

【作業2】休暇パターンの削除

休暇パターンが残っていると、従業員が誤ってパターンを使用して休暇申請してしまう可能性があります。以下の手順で休暇パターンを削除してください。

※休暇パターンを削除しても、過去のスケジュールが削除されることや、休暇取得履歴が消えることはありません(詳しくはこちら)。

 

1. 設定 > スケジュール > パターン設定 を開きます。

 

2. スケジュール種別が「全日休暇」になっているパターンの[削除]をクリックします。

2022-08-30_16h05_44.png

 

3. 削除の確認画面が表示されますので、[削除]をクリックします。

 

【作業3】みなし勤務時間の設定

休暇取得時にみなし勤務時間を計上したい場合は、こちらの記事の『休暇取得方法「休暇区分使用」の場合』を参考に、休暇みなし時間計上のための事前設定を行ってください。

 

画面上部に戻る

この記事は役に立ちましたか?
16人中13人がこの記事が役に立ったと言っています